トップページ   
会社案内・地図・お問合せ 
最新刊  2014年新刊  2013年新刊  シリーズ・叢書  全書籍一覧
法学・法制史・外国法
憲法・行政法・財政法
民法・商法・刑法
国際法
政治・行政学・地方自治
経済・経営・財政
情報・社会
その他 歴史等

連帯と共助が生み出す協治の世界

〜豊かなスモールネス社会をデザインする〜

荒木昭次郎 著
自治行政講話集

四六判 256ページ

ISBN: 978-4-7670-0231-6

定価:本体 2,300円(税別)

2019年4月刊

日本における協働研究の第一人者が行動科学的手法により、人びとの社会的行為の結果と効果を分析・評価するとともに、協働に内在する真理と価値を自治行政のあり方に反映させ、真の自治行政の姿を説き明かした書。

−主要目次−

プロローグ 〜シェアリングを基礎とする豊かな地域自治社会をめざして〜

講話1   都市産業廃棄物と地方行政 〜都市の環境保全を考える〜

講話2   住民参加の必要性 〜地方自治におけるその役割と期待〜

講話3   都市の規模と自治 〜デモクラシーの観点から〜

講話4   国と地方の機能分担 〜その課題はなにか〜

講話5   ごみ行政における中央と地方の関係 〜知的集権の限界をみる〜

講話6   はびこる巨大退職金 〜その背景・原因・分布状況〜

講話7   大都市圏における広域行政の問題と今後の方向 〜大都市を中心にして〜

講話8   新しい自治の息吹 〜世界共時性の協働型自治の展開をみて〜

講話9   新しい市民=行政関係の創造 〜パートナーシップの自治行政学〜

講話10  協治社会における自治体の政策形成過程
            〜メタポリシー的接近による不足部分の充足方法を考える〜

講話11  協治のまちづくりにみる自治の原点 〜協治の世界にみる自治行政の姿〜

講話12  最終講義〜『新たな「自治行政」のキ 〜概念』に辿りつくまで〜

講話13  日本における市町村合併政策とその自治的効用の有無

エピローグ 〜行動科学的接近の自治行政研究をふりかえる 

 

 

                   Copyright© Keibundo All rights reserved